初雪の中、宮之浦岳ツアーでした。

2015-11-29

2015年初雪

数日前まで長袖Tシャツ一枚で生活していたのですが、急な冬型の気圧配置に変わり、突然の初雪の中、宮之浦岳日帰りツアーでした。

 

前日の天気予報では里で最低気温13℃と寒くなる予報が出ていたので、ウールの帽子に冬用の手袋、靴底チェーンなど冬山登山の用意をして臨みました。

当日朝、6時頃標高1300mの淀川登山口に着くと霧雨が粉雪に変わっていました。まだ夜明け前の暗い中、ヘッドランプを付けて歩き出した登山道には、うっすらと雪化粧でした。

標高を重ね1600mの花之江河付近では、10cm程の積雪、少し風も出て来ました。

 

森林限界を超すと思っていたよりも風もなく、時折青空も出たりで変化のある楽しいトレッキングが出来ました。何時も見ている風景が一変するのには、いくつになってもワクワクします。

 

  

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です